新着情報


→徳島大学消化器外科に後期研修、入局を希望される方々へ

→お知らせ:生体肝移植が受けられやすくなりました。


→海外留学、海外発表についてはこちらから随時更新しております。下のバナーをクリックして下さい。

海外学会 海外留学



-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.9.23 市民公開講座:「メタボリックとがんについて」

9月23日、日本消化器病学会四国支部 市民公開講座「メタボリックとがんについて」を現地とWebのハイブリッドで開催し、徳島大学の各分野のエキスパートからご講演頂きました。
代謝栄養学分野 講師 堤理恵先生、当科 助教 柏原秀也先生、糖尿病・内分泌代謝内科学 特任教授 粟飯原賢一先生からがんと栄養・メタボ、肥満手術についてわかりやすくお話頂き、大変勉強になりました。日々の生活や診療に生かしていきます。

  

(左)司会:当科 特任助教 良元先生
(中)【講演1】演題:『ここが知りたい!がんと栄養の深い関係』 徳島大学 代謝栄養学分野 講師 堤理恵先生
(右)【講演2】演題:『肥満・糖尿病に対する外科治療』 当科 助教 柏原先生

 

(左)司会:当科 特任教授 吉川先生
(右)【講演3】演題:『メタボリックシンドロームと癌の予防のために知っておくべきこと(内科の立場から)』 徳島大学 糖尿病・内分泌代謝内科学 特任教授 粟飯原賢一先生

 

(2021/9/23up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.9.14 高先生 学位審査 

9月14日、高露萍先生の学位審査が行われました。

 

(2021/9/14up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.9.8 経肛門手術100例 徳島新聞掲載

9月8日、徳島新聞に当科で直腸癌に対して行っている「経肛門手術」の記事が掲載されました。
当科では2017年より直腸癌に対し、従来の腹腔鏡手術と経肛門手術を2チームで同時に行う術式に積極的に取り組んでおり、この度100例を超え取材して頂きました。
同時に経肛門手術を行うことで手術時間が大幅に短縮され、術後合併症の減少や肛門機能の維持が期待できます。今後もさらなる技術の向上に努めていきたいと思います。

(2021/9/8up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.9.4 第15回 肝癌治療ナビゲーション研究会

9月4日、第15回肝癌治療ナビゲーション研究会を現地(ホテルクレメント徳島)とWebのハイブリッドで開催しました。
当科の山田眞一郎先生がシンポジウムで発表し、教育講演では帝京大学沖永総合研究所 Innovation Lab. 杉本真樹教授、国立がん研究センター東病院 伊藤雅昭先生にご講演頂き、ナビゲーションのこれまでとこれからについて熱い議論が交わされました。

 

(左)当番世話人 当科 島田教授、(右)当科 山田先生
【スポンサードシンポジウム2 ナビゲーションの温故知新(外科領域)】
演題:Extended reality (VR・AR・MR)を駆使した手術ナビゲーション  ― マイクロ波手術デバイス Acrosurg使用経験も含めて ―

 

(左)【教育講演1】演題:手術支援における技術融合:仮想現実VR,拡張現実AR,複合現実MR,ホログラムナビ,手術ガイド 
帝京大学沖永総合研究所 Innovation Lab. 帝京大学肝胆膵外科 教授 杉本真樹先生
(右)当科 齋藤先生

 

(左)【教育講演2】演題:AIを用いた情報支援下内視鏡手術の未来像
国立がん研究センター東病院 大腸外科長 伊藤雅昭先生 

 

(2021/9/4up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.9.1 徳永先生 論文掲載

当科徳永卓哉先生の論文が8月の”Journal of Laparoendoscopic & Advanced Surgical Techniques"の表紙を飾りました。
直腸癌に対する経肛門手術にロボット手術の技術を取り入れた新たなテクニックに関する論文です。
2017年に当院に来てくださり、ご指導いただいたベルギーのDAPRI教授より祝福のご連絡を頂きました。ありがとうございました。

徳永先生、おめでとうございます!!

(2021/9/1up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.8.29 齋藤先生 徳島医学会賞 受賞

当科の齋藤裕先生が第263回徳島医学会において、「肝細胞様細胞の再生研究」で徳島医学会賞を受賞いたしました。
コロナ感染拡大の中、開催いただいた齋藤医師会会長に感謝いたします。教室では8人目の受賞となりました。

 

齋藤先生、おめでとうございます!!

(2021/8/29up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.8.21 第38回中国四国臨床臓器移植研究会

8月21日、島田教授が当番世話人の第38回中国四国臨床臓器移植研究会がオンラインで開催されました。
(代表世話人 広島大学 消化器・移植外科 大段秀樹教授)
当科の池本先生・泌尿器科の山口邦久先生が司会をされ、齋藤先生が一般演題で発表しました。
島田教授が日本移植学会会員へ、”グリーンリボンピンバッジ”の着用推進を依頼し閉会となりました。

 

 

 

(2021/8/21up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.8.6 がん治療セミナー in TOKUSHIMA ~がん患者さんのQOLに目を向ける~

8月6日 JRクレメント徳島にて、がん治療セミナー in TOKUSHIMA ~がん患者さんのQOLに目を向ける~ が会場とWebのハイブリッドで開催されました。

 

【特別講演】
(左)座長:当科 島田教授
(右)「がん悪液質の新たな展開 ― アナモレリンのエビデンスからプラクティスへ ―」 杏林大学医学部 腫瘍内科学教室 教授 古瀬純司先生

 

【ディスカッション】
「がん悪液質への新たなアプローチ ~県下での使用症例から考える~」
司会:徳島赤十字病院 第二外科 部長 湯浅康弘先生、当科 吉川先生
パネリスト:当科 柏原先生、徳島赤十字病院 外科 西野豪志先生

(2021/8/6up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.8.3 肝胆膵外科学会高度技能専門医 合格

徳島市民病院の岩橋衆一先生と当科の山田先生が、肝胆膵外科学会高度技能専門医に合格しました。

 

岩橋先生、山田先生、おめでとうございます!!

(2021/8/3up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.7.31 日本肝臓学会肝がん撲滅運動 市民公開講座 「肝がんで死なないために」

7月31日、あわぎんホールにて日本肝臓学会肝がん撲滅運動 市民公開講座 「肝がんで死なないために」が会場とWebのハイブリッドで開催されました。

 

【一般講演】
座長:徳島大学病院 消化器内科 田中貴大先生
「クイズ!ぴったんこ肝肝!」 当科 山田先生
「肝臓を守る運動療法のススメ」 リハビリテーション部 理学療法士 古本太希さん
「肝臓を守る食生活について」 栄養部 管理栄養士 橋本脩平さん

【特別講演】
(左)座長:徳島県肝炎対策協議会 委員長/当科 島田教授
(右)「肝臓を守るために知っておきたい大事な知識 ~生活習慣の改善から最新治療まで~」 武蔵野赤十字病院 副院長 内視鏡センター長 黒崎雅之先生

(2021/7/31up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.7.28 GI CANCER FORUM 2021

7月28日、JRクレメント徳島にてGI CANCER FORUM 2021が会場とWebのハイブリッドで開催されました。

 

【基調講演】
(左)司会:徳島赤十字病院 第二外科部長 湯浅康弘先生
(右)演者:当科 柏原先生 『切除不能大腸癌に対する治療戦略』

 

【特別講演】
(左)司会:当科 島田教授
(右)演者:京都大学大学院医学研究科 肝胆膵・移植外科 教授 波多野悦朗先生 『究極の肝臓外科を目指して ~プロジェクションマッピングからコンバージョンまで~』

 

(2021/7/28up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.7.17 第2回徳島内視鏡外科結紮講習会

7月17日、第2回徳島内視鏡外科結紮講習会がオンラインで開催されました。

 

 

(2021/7/17up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.7.16 徳島大学外科 オンライン医局説明会

7月16日、消化器・移植外科、胸部・内分泌・腫瘍外科、心臓血管外科の3科合同で徳島大学外科オンライン医局説明会が開催されました。

 

(2021/7/16up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.7.7 第76回日本消化器外科学会総会

7月7日、第76回日本消化器外科学会総会が京都国際会議場で開催されており、島田教授が現地参加しております。

 
(左)会長の大辻先生と島田教授
(右)参加された理事の先生方と

(2021/7/7up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.6.30 第12回四国消化器癌フォーラム

6月30日、第12回四国消化器癌フォーラムが徳島クレメントホテルにて開催されました。

 
【一般講演】
座長:徳島市民病院 院長 三宅秀則先生
演者:当科 准教授 森根裕二先生「徳島大学の膵癌集学的治療」

 
【特別講演】
座長:島田教授
演者:東京医科大学病院 消化器外科・小児外科 教授 永川裕一  先生
「集学的治療における膵臓外科の役割」
永川先生にはオンラインでご講演をいただきました。


講演後の質疑応答もオンラインで行われました。

(2021/7/1up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.6.28 島田教授 インタビュー

島田教授のインタビューが医師をはじめとする医療従事者向けの会員制サイト「m3.com」に掲載されました。


m3.comインタビューへのリンクはこちらから
(第1回)https://www.m3.com/news/kisokoza/920922
(第2回)https://www.m3.com/news/kisokoza/920923

(2021/6/28up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.6.26 宮崎克己先生 結婚式

6月26日、宮崎先生の結婚式が行われました。新型コロナの影響で規模を縮小し、挙式にのみ島田教授が参列されました。

  
宮崎先生、おめでとうございます。

(2021/6/28up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.6.20 中四国医事新報

6月20日、島田教授の取材記事が中四国医事新報に掲載されました。

(2021/6/21up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.6.14 信州消化器外科Webセミナー

6月14日、島田教授がホテルブエナビスタで開催された「信州消化器外科Webセミナー」にて講演を行いました。

 
(左)左より信州大学消化器・移植・小児外科学 教授 副島先生、島田教授

(2021/6/14up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.6.4 和田先生学位審査

6月4日、和田佑馬先生の学位審査が行われました。

 
和田先生、お疲れ様でした。

(2021/6/4up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.5.8 第17回徳島大学外科同門会総会

5月8日、第17回徳島大学外科同門会総会をオンラインとのハイブリッドで開催いたしました。
旧1外科・旧2外科・心臓血管外科が集まって誕生した徳島大学外科同門会、発足から17年が経ちました。これからも外科同門会の発展を目指します。

 

(左)同門会会長 田岡病院 吉岡一夫先生、(右)当科 島田教授

  

【第11回徳島大学外科若手外科医のための教育セミナー】
(左)①直腸癌に対する最新の手術 ~ロボット手術と経肛門手術~  演者:当科 柏原先生
(中)②ここまできた非開胸食道切除術  演者:徳島大学 胸部・内分泌・腫瘍外科 井上聖也先生
(右)③心臓血管外科における低侵襲手術  演者:徳島大学 心臓血管外科 佐村高明先生

 

【特別講演】
(左)司会:徳島大学 心臓血管外科 教授 秦広樹先生
(右)講演:大阪大学大学院 医学系研究科保健学専攻 未来医療学寄付講座 教授 澤芳樹先生 『心臓血管外科の現状と将来』

【閉会の辞】
徳島大学 胸部・内分泌・腫瘍外科 丹黒章先生

(2021/5/8up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.4.5 ダビンチ胃癌/直腸癌ダブル100例達成

徳島大学では胃癌、直腸癌ともにダビンチ手術100例を達成しました。
ダブル100例は中国四国地区初です。
皆様のご支援に改めて感謝申し上げます。

 

(2021/4/5up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.4.1 2021年度スタート

4月1日、新年度がスタートいたしました。
今年は5名の先生方が新たに加わり、心機一転頑張っていきたいと思います。

(2021/4/1up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.3.31 肝癌治療 Meet The Expert

3月31日、近畿大学消化器内科の工藤正俊先生をお招きして、肝癌治療 Meet The Expertを開催いたしました。
感染対策を十分に行い、Webとのハイブリッドであったため会場は少人数でしたが、最新の肝癌治療について非常に内容の濃い講演をしていただきました。

【一般講演】
『進行肝癌細胞癌における外科的治療の意義 ― Len-TACE療法後Conversion肝切除の経験 ―』 当科 齋藤先生

【特別講演】
(左)座長:当科 島田教授、(右)『免疫療法時代における肝細胞がん治療戦略2021』 近畿大学医学部消化器内科 教授 工藤正俊先生

(2021/3/31up date)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.3.31 大腸癌ロボット手術100例 (徳島新聞)

徳島新聞に当科のロボット支援大腸癌手術が掲載されました。
胃癌手術100例と同様に、これからも安心安全な技術を提供していきたいと思います。

(2021/3/31up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.3.26 歓送の会(居村特任教授退任記念講演会)

3月26日、JRホテルクレメント徳島にて消化器・移植外科&小児外科・小児内視鏡外科の歓送の会(居村特任教授退任記念講演会)を開催しました。

 

徳永先生(左)が総司会・開会の辞を務め、島田教授(右)にもご挨拶いただきました。

   

参加していただいた方々にご挨拶いただきました。
(左より)当科 吉川先生、池本先生、森根先生、石橋先生

  

(左より)東病棟7階 樋口師長、手術部 秋山師長、外科外来 原田師長

  

 

居村先生、東島先生、江藤先生、德田先生が異動、藤本副師長は退職されます。

  

 

西先生による万歳にて締めくくりとなりました。

(2021/3/26up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.3.19 日本消化器癌発生学会特別研究推進 理事長直轄プロジェクト

3月19日、日本消化器癌発生学会特別研究推進 理事長直轄プロジェクト 「腫瘍微小環境に着目した癌進展メカニズム研究の新展開」がWeb形式で開催されました。
理事長である島田教授が開会・閉会の辞でご挨拶され、発表では森根先生が司会を務めました。

(2021/3/19up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.3.16 Jikei HPB Surgery Seminar

3月16日、HPB Surgery Seminar で池本特任教授が講演を行いました。
膵癌外科治療と再生医療に関する講演で、Webでの開催でしたが、計37名の先生方にご聴講頂きました。

 

 

特別講演
「膵臓の外科治療と再生医療」
当科 安全管理部 特任教授 池本哲也先生

(2021/3/16up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.3.1 久保田先生 学位審査

3月1日、久保田先生の学位審査が行われました。

 

(2021/3/1up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.2.27 第4回徳島外科医会/第8回日本臨床外科学会徳島県支部例会

2月27日、徳島グランヴィリオホテルにて第4回徳島外科医会と第8回日本臨床外科学会徳島県支部例会が開催されました。

一般演題(Ⅰ)
座長:当科 柏原先生

 

一般演題(Ⅲ)
(左)「血液透析患者に対する胃癌手術症例の検討」 当科: 良元先生
(右)「CVカテーテルが術後遅発性に胸腔内逸脱した1例」 徳島県立中央病院 消化器外科: 横田典子先生

一般演題(Ⅴ)
座長:(左)徳島県立中央病院 消化器外科 荒川先生 (右)当科 良元先生

(左)「透析患者における膵切除の妥当性に関する検討」 当科: 寺奥先生
(中)「膵頭十二指腸切除術後の膵石が自然排石された1例」 徳島市民病院 外科: 仲須千春先生
(右)「腹腔鏡補助下イレウス解除術を行った胆石性イレウスの2例」 吉野川医療センター 外科: 岩川陽介先生

 

特別講演
(左)座長:徳島大学 心臓血管外科 教授 秦大樹先生
(右)「心臓血管外科領域における再生医学の現状と展望 ~再生医学は心不全治療に変革をもたらすか?~」
大阪大学大学院医学系研究科外科学講座心臓血管外科 最先端再生医療学共同研究講座 特任教授 宮川繁先生

 

(2021/2/27up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.2.9 吉川先生 康楽賞受賞

2月9日、吉川先生が康楽賞を受賞しました。
おめでとうございます!

(2021/2/9up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2021.1.11 池本先生 特任教授就任記念講演会

1月11日、徳島大学病院安全管理部 特任教授に昇任された池本哲也先生の就任記念講演会を行いました。
COVID-19の感染予防に留意し、マスク着用・会食なし・換気・アクリル板遮蔽などの感染対策を取った上で、講演会を開催しております。
Web併用で、外科同門の先生方にご参加いただきました。

 

【主催者挨拶】当科 島田教授

   

【来賓挨拶】(左から)徳島大学病院安全管理部 部長 加藤真介先生、当科 前教授 田代征記先生、徳島大学外科同門会 会長 吉岡一夫先生、徳島大学胸部・内分泌・腫瘍外科学 教授 丹黒章先生

【来賓挨拶・ビデオメッセージ】徳島大学心臓血管外科学 教授 秦広樹先生

 

【池本先生ご挨拶】

先生、おめでとうございます!

(2020/12/24up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.12.24 クリスマス回診 

12月24日、今年もクリスマス回診を行いました。

   

(2020/12/24up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.12.15 第75回日本消化器外科学会総会

12月15日、島田教授と柏原先生(Web参加)が第75回日本消化器外科学会総会へ参加しました。

平成19年卒 柏原秀也

12月15日、和歌山で開催されました第75回日本消化器外科学会、WS17肥満外科の妥当性の検証と展望というセッションにWeb参加しました。
私は「肥満外科における術後体重減少・糖尿病寛解予測因子としてのNLRの有用性」というタイトルで参加してまいりました。
座長・視聴されている方より「2年以降の長期データはあるか?」「validationは行っているか?」「NLRの術後の推移はどうか?」などの質問をいただきました。
Nが少ないため長期データはまだなく、validationも行えていない状態でしたが、NLRの術後の推移については2.5以上の症例は低下が悪く、2.5未満の症例については低下が著しいことを説明致しました。
また、私の次の発表で手術時に採取した腹腔内脂肪中NK細胞が肥満患者で多いとの報告がされており、我々の発表とも関連していたため興味深く拝聴しました。
「NK細胞とNLRは関連していたか?」との質問を致しましたが、関連していなかったとのことでした。ただ、n=3のようであり、今後集積いただき、関連を見てほしいと感じました。
地方大学病院で都会の病院と比べ症例数が少ないのは否めませんが、手術手技を行うのはもちろんのこと、他とは違ったアプローチから体重減少やDM寛解に関して発信できればと感じました。

(2020/12/15up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.12.2 岩川先生&仲須先生

12月2日、岩川先生と仲須先生が入局の挨拶に来て下さいました。
消化器・移植外科では一流の消化器外科・小児外科医を目指すDrを募集しています。

(2020/12/2up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.11.29 一般財団法人 日本消化器病学会四国支部 第38回教育講演会

11月29日、一般財団法人 日本消化器病学会四国支部 第38回教育講演会がオンライン開催(当日ライブ配信のみ)されました。

 

【開会の辞】(右)当科 森根先生

  

【講演1】(左)司会:当科 吉川先生 (右)『消化管癌に対する内視鏡診断と治療』 徳島大学 消化器内科学 助教 北村晋志先生

  

【講演2】(左)司会:当科 髙須先生 (右)『消化管がんに対する化学療法』 徳島大学 消化器内科学 講師 宮本弘志先生

  

【講演3】(左)司会:当科 島田教授 (右)『ウィルス性肝炎治療のup to date』 徳島県立中央病院 消化器内科 部長 柴田啓志先生

 

【講演4】(左)司会:当科 森根先生 (右)『消化器癌に対するがんゲノム医療について』 徳島大学 消化器内科学 助教 藤野泰輝先生

 

【講演5】(左)司会:当科 柏原先生 (右)『肥満に対する外科手術』 当科 吉川先生

(2020/11/29up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.11.28 第59回日本小児外科学会 中国四国地方会

11月28日、第59回日本小児外科学会 中国四国地方会(会長:石橋広樹)を徳島大学病院 日亜ホールWhiteで開催(Zoomを用いたオンライン開催)しました。
特別講演には、田尻達郎教授(京都府立医科大学 小児外科、日本小児外科学会理事長)をお招きしました。

 

 

【特別講演】(左)司会:当科 石橋先生 (左)『外科医による小児固形腫瘍に対するトランスレーショナルリサーチ』 京都府立医科大学 小児外科 教授 田尻達郎先生

(2020/11/28up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.11.24 GI Cancer Forum 2020

2007年度に当科に赴任し、1年間ご指導いただいた東京慈恵会医科大学消化器外科 池上徹教授がGI Cancer Forum 2020のために来徳され、島田教授室を訪問されました。
今回、感染予防策を徹底した上で研究会を開催いたしました。

  

(左)当科 徳永先生 (中)当科 島田教授 (右)東京慈恵会医科大学消化器外科 池上徹教授

 

(2020/11/24up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.11.21 第43回日本膵・胆管合流異常研究会

11月21日、出雲市民会館にて第43回日本膵・胆管合流異常研究会が開催されました。

 

  

  

(左)当番会長 島根大学医学部消化器・総合外科学講座 主任教授 田島義証先生
(中)【要望演題2】座長 当科 森根先生 (右)当科 島田教授

 

  

(左)会長 藤井秀樹先生 (中)名誉会長 安藤久實先生 (右)【要望演題4-2】座長 当科 石橋先生

(2020/11/21up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.11.20 徳島新聞掲載:胃がんに対するロボット手術

吉川先生の胃がんロボット手術の記事が、徳島新聞に掲載されました。

(2020/11/20up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.11.7 Daily News掲載:JDDW 2020 KOBE

Daily Newsに、島田教授、齋藤先生、髙須先生のJDDW 2020 KOBEでの講演記事が掲載されました。

 

(2020/11/7up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.10.13 第24回 肝炎専門医療従事者研修会

10月13日、ZOOMでのLIVE配信にて、2020年度 日本肝臓学会 肝がん撲滅運動 「第24回 肝炎専門医療従事者研修会」が開催されました。
コロナウイルス対策のためオンラインで行いましたが、一般講演の米田先生と田中先生は来場されて講演をしてくださりました。

 

(左)当科 山田先生

  

【一般講演】
(上段)座長:徳島大学病院 肝疾患相談室 看護師 立木佐知子さん
(左)「四国大学における肝炎医療コーディネーターとしての取り組み」 四国大学 看護師 濱若菜さん
(中)「治療と仕事の両立支援制度について」 徳島産業保健総合支援センター 両立支援促進員 米田智彦先生
(右)「肝炎ウイルスアラートシステムを用いた検査陽性者の拾い上げと受信推奨」 徳島大学病院 消化器内科 特任助教 田中貴大先生

 

【特別講演】
(左)座長:徳島県肝炎対策協議会 委員長 島田教授
(右)「肝炎・肝硬変・肝がんのアンメットニーズに挑む」 千葉大学大学院医学研究院 消化器内科学 教授 加藤直也先生

(2020/10/13up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.10.3 徳島新聞掲載:インスリン産生細胞研究成果

池本特任准教授が中心に行っているインスリン産生細胞(IPC)の研究成果が徳島新聞に掲載されました。
本年度、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)からの予算を獲得し、臨床応用に向けて研究を強力に推し進めていきます。

(2020/10/3up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.9.30 横田先生 離任

9月末で小児外科 横田先生が離任することになりました。
入局から2年半、頑張ってくれました。新天地でのご活躍を期待しています。

(2020/9/30up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.9.3 胃癌ロボット手術中四国最多100例 (徳島新聞) 

徳島新聞に当科のロボット支援胃癌手術が掲載されました。
消化器・移植外科では、より完成度の高い低侵襲手術により徳島の安全・安心に貢献していきます。

(2020/9/3up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.8.27 ロボット支援胃癌手術 100例達成

当科で実施したロボット支援胃癌手術が100例を超えました。
当院は多数の内視鏡外科技術認定医・ロボット外科専門医、ロボット手術に習熟した手術スタッフを擁し、
チームとして、安全な最先端の低侵襲手術を提供していきます。

(2020/8/27up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.8.25 徳島大学記者会見

8月25日、徳島大学本部で『インスリン産生細胞自家移植』の記者会見を行いました。

 

(左)池本先生 (右)島田教授


消化器・移植外科では、これまで行ってきました「自己脂肪より精製した脂肪由来肝細胞から製造したインスリン産生細胞自家移植による次世代の1型糖尿病治療法確立に関する研究開発」につき、
国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の公的な大型予算を獲得しました。
現在、当戦略は独立行政法人医薬品医療機器総合機構とすでに1回目の対面助言を終え、今後更なる検討を重ね、2022年度中の医師主導治験(第Ⅰ/Ⅱ相試験)の確立を目指しています。

(2020/8/25up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.8.25 世界初の1型糖尿病根治に向けた研究に挑む(クラウドファンディング)

1型糖尿病を「治る」病気にする!
消化器・移植外科は基礎研究から新規臨床治療を実現するために外科医としてより患者さんの体に負担の少ない、世界初の治療を目指しています。


当科ではこれまでに、島田教授・池本特任准教授を中心に患者さんに優しい移植治療を目指して、「再生医療」技術を用いた研究を長年行ってきました。
現時点で、1型糖尿病の患者さんに治療の研究として皮下脂肪を1gほど採取し、どんな細胞にもなれる脂肪由来幹細胞だけを増やし、
続いてインスリンを血糖に応じて分泌する「インスリン産生細胞(insulin producing cell、略してIPC)を効果的に作製する一連の方法を治療戦略として開発しました。
今回、クラウドファンディングで多くの方に研究を知っていただき、ご協力・ご支援をいただくことにより、1型糖尿病を根治する新しい治療法の研究開発を加速することが可能になります。
この研究で、一人でも多くの患者さんの命を救い、生涯にわたるインスリン注射から解放される可能性になれるよう努めて参ります。
皆様のご協力・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

https://otsucle.jp/cf/project/2870.html

(2020/8/25up date)

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.8.13-15 第120回日本外科学会定期学術集会 (Web開催)

8月13日~15日、第120回日本外科学会定期学術集会に参加いたしました。
COVID-19のためWeb開催でしたが、医局員・研修医を含め、20題の演題発表を行いました。

今回、外科学会は第120回ということで記念式典が開催されました。
外科医によるオーケストラ・合唱が企画されており、当初は学会のメインホールで演奏する予定でしたが、こちらもオンラインでのお披露目となりました。
各演奏者がそれぞれ演奏動画を撮影したものを一つにまとめ、素晴らしいリモートでの合奏・合唱になりました。良元先生がチェロで参加しています。


平成元年卒 石橋広樹

zoomを
使ったWeb開催で聴衆は限られますが、逆にスライドも見やすくて良かったです。今後のWeb開催を見据えて、医局でネット環境のしっかりしたWeb発表する専用の部屋を作ってほしいです。
医局で統一したバーチャル背景を作って使用すれば良いと思います。

平成9年卒 居村暁

普段の学会だと興味あるセッションでも会場まで聞きに行かないことがありますが、今回は完全Web開催だったのでプログラム表から選択するだけでLive配信が見れたという点はWeb開催のメリットのひとつだと思いました。

平成9年卒 森根裕二

完全Web配信なので興味あるセッションを網羅できる点は良いと思いますが、逆に時間が空いたから覗いてみたセッションにインスパイアされるような発見はなかなかないのかもしれないと思いました。
また、スライドに関して見やすく、人気のセッションでも落ち着いて視聴できる点も良いと思います。

平成10年卒 池本哲也

やはりフロアからの反応がよくわからないのは難点だと感じますが(発表中は録画とは言え画面のチャットなどを見ている余裕はあまりないです)、今後このような発表がスタンダードになっていくのかもしれないと思いました。なお、発表に関しては我々の幹細胞研究が「消化器関連の領域で最も臨床に近いと思っていた」というコメントを座長の先生から頂いたこと、また、他の幹細胞系の研究がやや減速している感が否めなかったこと、我々の行っている橋渡し研究について、あといくつかの科学的疑問点を解決すればかなり実現可能性が高いのではないかという印象を強くしたことなどが印象的でした。

平成13年卒 吉川幸造

外科学会にWebで参加し、サージカルフォーラムで「胃癌術前T1N0症例における正診率向上の取り組み」を発表させて頂きました。夏季休暇中だった為、自宅から参加するという貴重な体験となりました。
Webでの参加は初めてでしたが、座長の先生との質疑応答も問題なく行うことが出来ました。いつもは発表の後で座長の先生や同じセッションで発表した先生方へ挨拶しに行くようにしていますが、Webの為にそれが出来なかったのが残念でした。今回の発表に関して、何度も予行をして頂き貴重なご意見を下さった医局の皆様に感謝いたします。ありがとうございました。

平成14年卒 森大樹

新しい試みではありましたが、学会開催地へ行かなくても学会に参加できたことは有意義だと思いました。また、今後の新しい学会のあり方になるかもしれないとも思いました。

平成16年卒 徳永卓哉

今回、シンポジウム「画像情報を駆使した下部消化管手術」で「直腸切除術TpTMEにおける術前VR・MRシミュレーションと術中尿道造影ナビゲーションの有用性」という演題で発表しました。オンラインでの発表であったため、座長の先生方とのみ討論している感じで、どれくらいのオーディエンスがいるかわからず通常の学会と違った雰囲気でした。実際にTaTMEをされている先生からは尿道造影は面白いと思うとの感想を頂きましたが、ホログラムは大まかな解剖しかわからず、細かい血管まで抽出できていないため有用性には懐疑的で、第三者からの評価が必要ではないかと意見を頂きました。私の発表の後で東京大学が3Dプリンターを使ったシミュレーションモデルについて発表していましたが、やはり同じようなことを言われていました。
時間の都合で見れなかった他のセッションは後でオンラインで見れるため、改めて見てみたいと思います。これはWeb開催の良いところだと思いました。

平成17年卒 西正暁

ランチョンセミナー、シンポジウム、サージカルフォーラム、研修医セッションなどを聴講しました。発表は学会の熱がなく、個別の諮問を受けているような感じでした。今後もWeb形式が続くと思いますが、多人数で議論を深めてこその学会ですし、そういった環境がないと学会の存在意義が薄れると思います。髙橋君が発表してくれて、岩橋先生・吉川雅登先生のバックアップで質問に答えていたのは良かったです。

平成19年卒 齋藤裕

サージカルフォーラム 肝臓 「画像支援」のセッションに参加しました。質疑討論に関しては、ほとんど積極的な討論にならず、私が座長と会話する感じでした。結局どのように手術ナビに応用するのかがあいまいな発表が多く、各先生にそれを質問しました。Web発表はやはり直接の質疑応答より、遠慮した討論の印象でした。セッションが終わった後に直接会話したりすることができないので、寂しい感じがしました。

平成19年卒 柏原秀也

肥満を有する胃癌・大腸癌患者に対する術前ダイエットについて発表を行いました。今後は術前だけではなく、術後外来フォローとなっても肥満外科術後のような内科・外科・NST・リハビリといった多職種での介入を続けていくことが重要だと考えています。医局や自宅で発表・質疑応答ができるのでリラックスした状態で臨めました。チャット形式で閲覧者も質問しやすく、本部からの指示などもリアルタイムで見ることができるので良いと思いました。ただ、私の参加したセッションは50人程度、本来であれば人気のありそうな大腸癌の手技セッションでも100~200人程度の閲覧のようなので、がっつり視聴する人はいないのではないかと思います。何よりも収益がかなり減ったのではないかと気になりました。

平成19年卒 髙須千絵

慣れないWeb開催ではありましたが、事務局が非常によく対応していたと感じました。記念式典など、準備もよくされていました。セッション中はギャラリーがいないため、閉鎖された感じがありました。何人視聴中などがタイムリーにわかるようになったり、自由な討論をできる時間がうまくとれる工夫が必要だと感じました。質問をしようとしましたが、うまく演者に伝わりませんでした。後日、メールで発表の感想を数名の方から頂きました。

平成20年卒 山田眞一郎

膵臓のセッションで「膵癌切除例におけるフレイルの予後に与える影響」を発表しましたが、座長の兵庫医科大学 藤本先生から①「フレイル患者において手術するしないの明確な線引きはあるのか」②「フレイル患者で腫瘍が進行しているのは、見つかるのが遅れるからなのか」と質問がありました。①に関しては今のところ線引きがない、②に関してはそれもあるかもしれないが、フレイル患者のほうが免疫低下により腫瘍が進行しやすいと考えていると返答しました。ほかの発表では、CA19-9をマーカーとしてconversionに持っていく発表や、高齢者でも膵切除の予後は非高齢者と変わらない、という発表がありました。

平成22年卒 德田和憲

「2D→3Dでいい結果になっているが、これ以上はあるのか?」と質問されたことに関して、「3D以上は現在検討していないが、FXR agonistを追加することでfunction向上につながるのではないかと考え、現在検討中です」と回答しました。Web開催になったことでスライドをしっかり見ることができ、後で見返すこともできるので、内容を普段より把握しやすいと感じました。

平成25年卒 沖川昌平

自身の発表はありませんでしたが、諸先輩方、他大学の多くの発表に刺激を受けました。大変勉強になりました。

平成23年卒 江藤祥平

オンラインにより見たいセッションを自由に閲覧することができますが、少し入り口がわかりにくいのと、音声や光などにばらつきがありました。生会場でのディスカッションの緊張感や迫力が少し恋しくなりました。初めて完全Web開催での外科学会となりましたが、その運営や準備の困難さは計り知れないものがあり、主催された慶応義塾大学外科学教室には心より敬意を表したいと思います。

平成25年卒 良元俊昭

記念式典のWeb懇談会で聞きましたが、外科学会の直前にWebで行われた内科学会、皮膚科学会のサーバーがダウンしたとのことで、外科学会は20万人のアクセスに耐えうるよう準備されていたそうです。発表の視聴や切替は大変スムーズに行えましたが、裏では相当な苦労があったと思います。記念式典の編集作業も、普段手術動画を取り扱っている業者が行ったとのことで難航を極めたという話でした。完成した動画は個人的にも大変記念になりました。記念式典への応募を後押しして下さった島田教授に感謝いたします。web開催についても、日常業務の中で発表や聴講ができ、共働きで子供のいる女性医師でも参加可能ということで今後も進められるべきだと思います。熊本大学の日比泰造先生も記念式典に参加されており、懇親会でお話ししましたが、久々にヴァイオリンを演奏するにあたり手術と同じように楽器と向き合ったとおっしゃっていたのが印象的でした。手術が上達するためには、器械の使い方をマスターして引き出しを多く持っていなければならないことなど教わりました。

平成28年卒 横田典子

「先生の御発表にもあるように、0歳児の便秘は器質的疾患の除外をしっかり行わないといけない時期だと思います。特に判断が難しいのはH病のultra short typeなのかなと思います。早く診断をつけたほうが、検査や治療が患者さんにとって負担が少ないのかなと考えています。1歳までの患者さんで、大学病院に紹介されるような患者さんは当然器質的疾患を疑っての紹介だと思いますが、どのタイミングで精査をされているのでしょうか?」と開業医の先生より質問がありましたので、「ご指摘の通り早期診断が必要だと考えますので、身体所見・現症と現病歴も含め、疑わしければ紹介時に精査を行っています。また、便秘として治療している症例でも、治療効果が乏しければ精査を行い場合もあります」と回答しました。

平成29年卒 宮崎克己

LCRとCD8に相関があったことから、LCRと免疫チェックポイントの関係はあるのかとの質問を受けました。肝内胆管癌においてPD-1、PD-L1と炎症免疫指標との関係についても今後検討していきたいと思いました。外科学会の感想としては、ポスターなど演題数が多く、会場ではすべてを見ることは難しいですが、Webだと自分の好きな時間に見ることができるのは画期的だと感じました。

(2020/8/15up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.8.2 日本肝臓学会 四国地区 市民公開講座 「肝がんで死なないために」

8月2日、あわぎんホールにて2020年度 日本肝臓学会 四国地区 市民公開講座 「肝がんで死なないために」が開催されました。
COVID-19感染症防止対策のため、特別講演の日野啓輔先生にはWeb形式でご登壇いただきました。



【一般演題】
司会:徳島大学病院消化器内科 田中貴大先生
開会のあいさつ:当科 山田先生
「クイズ!健康な肝臓とは!?」 当科 山田先生
「肝臓を守る運動療法のススメ」 リハビリテーション部 理学療法士 古本太希さん
「肝臓病と食事について」 栄養部 管理栄養士 西麻希さん

 

【特別講演】
(左)司会:徳島県肝炎対策協議会 委員長/当科 島田教授
(右)「生活習慣の改善と最新治療があなたを肝がんから守ります」 川崎医科大学附属病院 肝・胆・膵内科 教授 日野啓輔先生

 

(2020/8/2up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.8.2 良元先生 徳島医学会賞 受賞講演

第261回 徳島医学会学術集会がウェブ開催されました。
当科の良元先生が徳島医学会賞の受賞講演を行い、その模様が配信されました。
授賞式も感染防御の上行われました。
おめでとうございます!

(2020/8/2up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.7.18 徳島大学外科 Web 医局説明会

徳島大学 消化器・移植外科、胸部内分泌腫瘍外科、心臓血管外科の3科合同でWeb医局説明会を行いました。
初めての試みでしたが50名程度が参加してくださり、徳島大学外科全体のカリキュラムと各診療科の紹介を行いました。


説明会資料は後日アップロード予定ですが、ご希望の方には資料をお送り致します
個別の質問や、マッチング・進路の相談も受け付けております。
他大学・県外出身者、後期研修を終えた大学院進学からの入局も大歓迎です。
また、徳島県特別地域枠に属する専攻医は、義務的な9年間の公的医療機関勤務期間の中で3群の病院を回る必要がございますが、
消化器・移植外科では効率的な消化器外科専門医と学位取得が可能なプログラムをご用意しております。

ご興味がある方は、気軽にメッセージを頂ければ幸いです。
ご連絡お待ちしております。

(2020/7/18up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.6.27 低侵襲消化器外科手術 記者会見

徳島大学記者会見において、新たな低侵襲消化器外科手術 -ロボット支援手術の新展開- の記者会見を行いました。


 

(左)島田教授(右)吉川先生


現在、腹腔鏡下胃癌・大腸癌手術を専門とする日本内視鏡外科学会技術認定医(胃・大腸)が5名在籍しており、
さらにロボット手術のトレーニングを受けた医師が、ロボット支援手術を担当しています。
胃癌領域においては、幽門側胃切除、胃全摘に加え、噴門側胃切除や幽門保存胃切除などの、より低浸襲な手術も実施しております。
直腸癌領域においては、先進的な手術療法として肛門からアプローチし直腸を剥離していく経肛門的直腸間膜全切除術(TaTME)を行ってきましたが(県内では徳島大学のみ施行)、
これにロボット支援手術を組み合わせたTaTME併用ロボット支援下直腸切除術を実施しています。

(2020/6/27up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.6.25 ロボット手術の全国ランキング

朝日新聞出版の『手術数でわかるいい病院』・ロボット手術の全国ランキング。
徳島大学 消化器・移植外科は胃癌は全国第9位、中四国第1位、直腸癌は全国第32位、中四国では第3位でした。




2018年のロボット手術の保険収載以降、合計150例以上のロボット手術を行い、良好な成績をおさめており、今後のさらなる治療成績の向上に努めていきます。

(2020/6/25up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.6.8 太田先生 学位審査

6月8日、太田先生の学位審査が行われました。


太田先生、お疲れさまでした。

(2020/6/8up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.5.11 日本消化器外科学会評議員選出

日本消化器外科学会評議員に教室から島田教授・森根准教授・居村特任教授・池本特任准教授・吉川講師・金本医師が選出されました。
金本真美医師(現在:国立高知病院勤務)は四国では女性初の評議員になります。(女性評議員は全国で10名程度)
徳島大学消化器・移植外科学では女性外科医の活躍を強力にサポートしていきます。


(2020/5/11up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.4 2020年度スタート

(2020/4/10up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.3.16 上原記念生命科学財団 2019年助成金贈呈

上原記念生命科学財団 2019年研究助成に池本先生、研究奨励に柏原先生が選出されました。
コロナウイルスの影響を受け、贈呈式が中止となり郵送にて贈呈書を受け取りました。

(2020/3/16up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.2.22 第3回徳島外科医会/第7回日本臨床外科学会徳島県支部例会

2月22日、徳島グランヴィリオホテルにて第3回徳島外科医会と第7回日本臨床外科学会徳島県支部例会が開催されました。

  
一般演題(Ⅰ)
(左)座長:当科 髙須先生
(中)「経肛門的内視鏡下直腸管膜切除術TaTME併用ロボット支援下直腸切断術の有効性」当科: 柏原先生
(右)「ロボット支援胃癌手術におけるLeft handed LCS techniqueの有用性」当科: 西先生

 
一般演題(Ⅱ)
(左)座長:当科 吉川先生
(右)「腫瘍破裂による腹腔内出血を来し急速な増悪経過を示したvan Recklinghausen病合併多発小腸GISTの1例」当科: 中尾先生

  
一般演題(Ⅲ)
(左)座長:当科 山田先生
(中)「腹腔動脈起始部圧迫症候群を合併した膵頭十二指腸切除術の3症例」当科: 宮崎先生
(右)「膵切除周術期における人口膵臓を用いた血糖管理の有用性」当科: 良元先生


一般演題(Ⅴ)
「Oncologic emergencyを来した後腹膜原発巨大未熟奇形腫の1乳児例」当科:横田先生

 
特別講演
(左)座長:徳島市民病院 院長 三宅秀則先生
(右)「肝臓外科学の進歩と挑戦」信州大学医学部外科学教室 消化器・移植・小児外科分野 教授 副島雄二先生
 

 
(右)終了後、情報交換会が行われました。

(2020/2/25up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.2.22 第1回徳島内視鏡外科結紮講習会

2月22日、田岡病院にて第1回徳島内視鏡外科結紮講習会を開催しました。

 
開会にあたり、(左)田岡病院 吉岡先生・(右)島田教授がご挨拶されました。



(2020/2/25up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.2.15 日本消化器癌発生学会特別研究推進 理事長直轄プロジェクト

2月15日、藤井節郎記念医科学センターにて日本消化器癌発生学会特別研究推進 理事長直轄プロジェクトを開催しました。


開会にあたり、島田教授がご挨拶されました。

 
【基調講演】 司会:当科 居村先生(右)
演者:千葉大学大学院医学研究院 分子腫瘍学 教授 金田篤志先生(左)


【理事長直轄プロジェクト発表】 司会:当科 森根先生

 
演者:国立がん研究センター研究所 エピゲノム解析分野 張春東先生(左)
「食道胃接合部がんの起源細胞を予測するDNAメチル化マーカーの開発」
演者:静岡県立静岡がんセンター 胃外科 中村健一先生(右)
「胃癌におけるT cell inflamed gene expression signatureを用いたphenotypeの解析
 
演者:国立がん研究センター研究所 エピゲノム解析分野 安川佳美先生(左)
「胃がんのがん関連線維芽細胞における高発現遺伝子SAA1の同定」
演者:九州大学病院 別府病院 外科 北川彰洋先生(右)
「肝内胆管癌における腫瘍内不均一性と進化の過程の探求」

(2020/2/17up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.2.14 第23回 消化器手術手技フォーラム

2月14日、JRホテルクレメント徳島にて第23回消化器手術手技フォーラムを開催しました。

 
【教育講演】
(左)座長:田岡病院 院長 吉岡一夫先生
(右)演者:当科 徳永先生「ACTS-CC試験結果からみた大腸癌術後補助化学療法」

 
【特別講演1】
(左)座長:当科 山田先生
(右)演者:大阪大学大学院 外科学講座消化器外科学 教授 江口英利先生
「外科手術を基軸とした膵癌治療戦略」

 
【特別講演2】
(左)座長:当科 髙須先生
(右)演者:兵庫医科大学 上部消化管外科 主任教授 篠原尚先生
「胃上部・食道胃接合部癌に対するAnatomic Surgeryと集学的治療」

 

講演会の後、情報交換会が行われました。 

(2020/2/17up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.2.2 第260回徳島医学会学術集会

2月2日、大塚講堂にて第260回徳島医学会学術集会を開催しました。

 
開会にあたり、疾患病理学の常山先生がご挨拶されました。

 
第43回徳島医学会賞を柏原先生が受賞し、授与式が行われました。

  
【第43回徳島医学会賞受賞記念講演】
(左)島田教授
(中)・(右)柏原先生「非アルコール性脂肪肺炎(NASH)に対する新たな外科治療の開発」

  
【公開シンポジウム】
(左)島田教授・常山先生
(中)柏原先生「消化管最新外科手術における病理の役割」
(右)斎藤先生「肝胆膵外科の最先端」

  
(左)徳島大学病院病理部 教授 坂東先生「医療を支える病理診断」
(中)徳島大学病院病理部 教授 上原先生「病理遠隔診断(テレソパソロジー)の現状と展望」
(右)常山先生「AIと分子病理学の新展開」
 
慶応義塾大学医学部病理学 教授 坂本 享宇先生
「病理医の目・分子の目・ITの目で難治がんに挑戦する」


閉会にあたり、島田教授がご挨拶されました。

 
前日には懇親会を行いました。(右)

(2020/2/3up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.1.31 河野恵美子先生 特別講義

1月31日、大阪医科大学 河野恵美子先生をお招きし、特別講義を行っていただきました。

  
私のキャリアと外科を続ける理由~患者・癌患者家族・看護師を経験した女性外科医が医学生に伝えたいこと~
講師:大阪医科大学 河野恵美子先生

(2020/2/3up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.1.23 ASCO-GI in サンフランシスコ

1月23日~1月25日までサンフランシスコにてASCO-GIが開催されました。

当科より島田教授、荒川先生、山田先生、武原先生の4名が参加しています。

  
島田教授のご厚意によりANAファーストクラスのカウンターから出国。


恒例のラウンジでの出陣式です


お天気にも恵まれました。

  
  
初日はフィッシャーマンズワーフを散策しました。

   
【ポスター発表】
島田教授「Nationwide survey of pancreaticobiliary maljunction focusing on biliary cancer incidence in Japan」
荒川先生「Evaluation of the ratio of plasma fibrinogen to platelet in resectable pancreatic cancer.」
山田先生「Significance of frailty in prognosis after hepatectomy in older patients with hepatocellular carcinoma.」

 
現地にて、札幌東徳洲会病院の河野透先生と会食しました。

平成14年卒 荒川悠佑

今回サンフランシスコで行われた、ASCO GI 2020に参加しました。私を含め、合計4人が徳島大学より渡米しました。成田よりサンフランシスコ国際空港へ到着、日本よりもやや暖かく雨もなく過ごしやすい気候でした。会場はサンフランシスコ中心にあるMoscone centerであり、ポスター発表を行いました。発表内容としては分子標的薬、遺伝子診断に関するものが多く見受けられ、その関心の高さがうかがえました。夜には札幌東徳洲会病院の河野透先生と食事をご一緒させていただく機会に恵まれ、おいしい料理とワインをいただくことができました。また、空いた時間を利用してFisher man’s wharf, Golden gate bridgeNapa Valleyのワイナリー(KENZO ESTATE)に連れて行っていただき、楽しむことができました。今回、ご指導をいただきました島田教授、そして多忙な中送り出していただきました医局の先生方にこの場を借りまして厚く御礼申し上げます。

平成20年卒 山田眞一郎

この度、122-25日にサンフランシスコで開催されました、ASCO-GIに参加いたしました。サンフランシスコでの学会参加は3回目ですが、今回は海外学会初参加の武原がおりましたので、学会や観光の要所について指導する立場となり私自身やや緊張しておりました。124日にポスターセッションで、”Significance of frailty in prognosis after hepatectomy for HCC”という演題で発表しましたが、私のポスターの写真を撮ってくれている人はいるもののdiscussionは日本人の先生としかできませんでした。他の発表に関して、BRCAの発現で膵癌の治療が変わること、肝内胆管癌で発現している遺伝子をターゲットに臨床試験が始まっていることや、肝細胞癌ではレンバチニブのREFLECT試験のサブ解析が多数報告されており、勉強になりました。観光に関しても、22日はフィッシャーマンズワーフを回りシーフードを食べ、23日はKENZO ESTATEでワイナリーを見学し、Golden Gate Bridge等様々な名所をバンで回りました。もちろん夜はステーキとワインを堪能し、特に24日は札幌徳洲会の河野先生とご一緒させていただき、非常に楽しいディナーとなりました。今後は海外学会でも口演でどんどん発表していきたいですし、後輩の指導もしっかりできるように精進します。最後になりましたが、このような機会を与えてくださった島田先生はじめ、ご指導いただいた医局の先生方、留守中ご迷惑をおかけした先生方に厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

平成29年卒 武原悠花子

今回初の海外学会参加の機会を頂き、サンフランシスコで開催されましたASCO-GIに参加しました。今回私の発表はありませんでしたが、各国からの参加者のポスターに並んで教授始め当科の先生方のポスターが掲示され、閲覧されている様子を見て、徳島のような田舎の発表でも全世界の研究者に興味を持ってもらえるというのはすごいことだなあと感じました。今回私が参加したのは2日目で、肝胆膵がメインのセッションでした。分子標的薬や遺伝子診断に関する発表が多く、世界ではどんな流れになりつつあるのか、どんなことに関心がおかれているのかを感じることが出来ました。他の日にも参加できるのであれば消化管のセッションも見てみたかったです。初めてのアメリカ訪問でしたが、山田先生・荒川先生プロデュースのもと様々な観光地を訪れることができ、非常に充実した旅でした。個人的には、街の人に道や切符の買い方を聞いたりしながら一人で路面電車に乗ってお出かけ出来たことが思い出深かったです。今回は発表が無いにも関わらず、教授のご厚意により学会へ同行させて頂き、山田先生・荒川先生にもお世話をして頂き誠にありがとうございました。今後とも先生方のご指導の下精進したいと思います。

(2020/1/28up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.1.13 消化器・移植外科&小児外科・小児内視鏡外科 新年会

1月13日、医局新年会を開催致しました。

   
石橋先生、居村先生、島田教授が挨拶をされ、森根先生が乾杯の挨拶を務めました。
 

   

   


最後は池本先生の一本締めで締めくくりとなりました。

(2020/1/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.1.11 徳島大学医学部準軟式野球部追い出しコンパ

1月11日、ザ・グランドパレスにて徳島大学医学部準軟式野球部追い出しコンパが開催されました。

(2020/1/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.1.11 第21回日本肝がん分子標的治療研究会

1月11日、国立がん研究センターにて第21回日本肝がん分子標的治療研究会が開催されました。

 

  
斎藤先生が参加しました。


平成19年卒 齋藤裕

国立がん研究センターで行われた肝癌分子標的治療研究会に参加してきました。ポスター発表が一般演題ですが、結構通常のポスターより内容濃いです。徳大のConversion Hx3例報告は症例報告の中では一番多かった気がします。Conversionに行くタイミング・定義が今後要検討かと思います。他施設では4-8週で手術などの発表ありましたが、うちの症例は半年~1年の症例です。レンバ・免疫チェックポイントプラスアルファに期待したいです。

(2020/1/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.1.9 九州大学 生体肝移植手術見学

1月9日、九州大学にて行われた生体肝移植手術を齋藤先生が見学しました。

(2020/1/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.1.8 福岡県臓器移植推進委員会

1月8日、福岡県医師会館にて福岡県臓器移植推進委員会が開催されました。


当科より、島田教授・齋藤先生が出席しました。

 
委員会の後、懇親会が開催されました。

(2020/1/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.12.26 徳島大学消化器・移植外科 忘年会

12月26日、パシフィクハーバーにて医局・病棟忘年会を行いました。

  
(左より)E-7 樋口師長、看護部 金澤副部長、手術部 秋山師長 

  
(左より)医療情報学 廣瀬先生、疾患病理学 常山先生、疾患治療栄養学 濱田先生
お忙しい中ご参加いただきありがとうございました。

 
島田教授が挨拶され、乾杯の発声は森根先生が行いました。

  

 


看護師さんが余興に続き、宮崎先生&武原先生が漫才で盛り上げてくれました!


最後は池本先生が一本締めを行いおひらきとなりました。
1年間お疲れさまでした。2020年もよろしくお願いいたします。

(2019/12/27up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.12.23 クリスマス回診

12月23日、今年もクリスマス回診を行いました。

  

(2019/12/24up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.12.21 徳島大学臓器病態外科同窓会 忘年会

12月21日、グランドパレスにて徳島大学臓器病態外科同窓会忘年会を行いました。

  
挨拶を行っていただいた橿原リハビリテーションセンター 田村先生(左)、田岡病院 吉岡先生(中)、島田教授


愛媛県立中央病院 河崎先生から乾杯のご発声をいただきました。

  
研修医の岩川先生(吉野川医療センター)、仲須先生(徳島市民病院)、学生の高橋君と野間君も参加してくれました。

   
各施設の先生方からもご挨拶いただきました。
(左より)徳島県立中央病院 八木先生、徳島市民病院 三宅先生、徳島県鳴門病院 坂東先生、吉野川医療センター 佐藤先生

  
(左より)阿南医療センター 吉田先生、高松市立みんなの病院 和田先生、愛媛県立中央病院 原田先生

 
(左より)四国中央病院 石川先生、国立高知病院 福山先生

 
今年のMIPは武原先生、そして大賞である島田賞は池本先生が受賞しました。
いつもお疲れ様です。そしておめでとうございます!


鈴江病院 三好先生に万歳三唱を行っていただきました。


お忙しい中、参加していただいた先生方ありがとうございました。

(2019/12/24up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.12.21 TAPPハンズオンセミナー

12月21日、徳島大学医学部でTAPPハンズオンセミナーを開催しました。

  
(左)開催にあたり島田教授が挨拶をされました。

  

 
熱心なレクチャーが行われました。

 
(右)教養教育院 岩田先生、(右)講師を務めていただいた吉野川医療センター佐藤先生


おつかれさまでした。

(2019/12/24up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.12.13 第40回「公益財団法人 がん集学的治療財団・一般研究助成」贈呈式

2019年度「第40回公益財団法人 がん集学的治療財団・一般研究助成」に森根先生が採択され、12月13日に行われた贈呈式に参加しました。

 
財団 理事長の松本晃先生(左)と選考委員長の掛地吉弘先生(右)


森根先生:研究課題「腫瘍微小環境の癌関連線維芽細胞・マクロファージをターゲットとした治療法の開発」

(2019/12/16up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.12.7 日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会 市民公開講座

12月7日、あわぎんホールにて日本糖尿病学会中国四国地方会第57回総会 市民公開講座が開催され、池本先生が講演を行いました。

 
『1型糖尿病の外科的治療~膵島移植と再生医療~』:池本先生

(2019/12/9up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.12.2 髙田先生 学位審査

12月2日、髙田先生の学位審査が行われました。

 
髙田先生、お疲れさまでした。

(2019/12/2up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------


2019.11.28 Tokushima Gastric Cancer Forum~ロンサーフ効能・追加記念~

11月28日、JRホテルクレメント徳島にてTokushima Gastric Cancer Forum~ロンサーフ効能・追加記念~が開催されました。

 
【一般演題】
(左)座長:徳島赤十字病院外科 湯浅康弘先生、(右)演者:当科 西先生

 
【特別講演】
(左)座長:当科 島田教授、(右)演者:名古屋大学大学院医学系研究科消化器外科学 教授 小寺泰弘先生

 
 

(2019/11/29up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.11.22 第115回徳島周産期研究会

11月22日、日亜ホールWhiteにて第115回徳島周産期研究会が開催されました。


世話人挨拶:当科 石橋先生

  
【一般演題】
(左より)座長:当科 森先生、小児科 須賀健一先生、産婦人科 加地剛先生

 
(左)当科 横田先生、(右)「RSV感染症の流行期開始時期の変遷」周産母子センター 中川竜二先生

 
【特別演題】
(左)座長:当科 石橋先生
(右)『我が国の胎児治療への挑戦―小児外科の視点から―』慶應義塾大学外科学(小児)教授 黒田達夫先生

(2019/11/25up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2020.2.2 市民公開シンポジウム 最先端医療を支える病理学

2月2日、大塚講堂にて第260回徳島医学会学術集会 市民公開シンポジウム 最先端医療を支える病理学を開催いたします。ご参加お待ちしております。


PDFはこちら

(2019/11/20up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ALPHA CLUB「胃を切った人の情報誌」に髙須先生の記事が掲載されました



記事PDFはこちら

(2019/11/19up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.11.14 第81回日本臨床外科学会総会

11月14日から16日まで、高知にて第81回日本臨床外科学会総会が開催されました。


学術セミナー「外科漢方のOrthodox&Serendipity」 当科 島田教授

 
(左)主題関連演題で吉川先生が発表しました。
(右)総会特別企画で島田教授が講演されました。講演後、演者の先生方と記念撮影しました。

 
AEGIS-W 主催のラパコレのハンズオンセミナーに宮崎先生と武原先生が参加しました。
非常によく再現された胆嚢モデルを使って、学んだコツを実践しました。

◆第81回日本臨床外科学会総会の演題一覧はこちら◆

平成13年卒 吉川幸造

この度、高知で開催された臨床外科学会に参加させていただき、「地方から発信する腹腔鏡下技術認定医取得への教育プログラム」を発表しました。座長の先生よりノンテクニカルスキルを評価することの重要性を褒めていただき、またそれに対して介入しているシステムが素晴らしいとコメントを頂きました。

国際シンポジウムでは留学先でお世話になったFichera教授と会うことが出来、留学時代の思い出などで盛り上がり、楽しい時間を過ごさせていただきました。
今回の学会で学んだことを臨床に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

平成17年卒 西正暁

今回は、①ビデオシンポジウムでロボット支援胃癌手術について、②ワークショップで大建中湯の統合解析について発表してまいりました。
ロボットの会場は満席で立ち見が多数でているほど盛況でした。我々がやっている、Left hand LCSの良さを示せたのではないでしょうか。
短い時間ではありましたが、以前働いていて高知医療センターの仲間にも会えましたし、有意義な学会参加でありました。
また明日から手術のクオリティにこだわって頑張ります。

平成19年卒 齋藤裕

高知で開催された臨床外科学会に参加してきました。蛍光ガイド下手術のシンポジウムです。胃癌のSentinel LN、食道手術における胃管血流評価、大腸縫合不全回避の血流評価、最新の蛍光Clipなどです。肝胆膵での和歌山からの蛍光物質塞栓は、ちょっと煩雑かと思いました。相変わらず青木先生の発表はプレゼンテーションも含めてすばらしかったです。自分はHologramの発表でしたが、質疑応答は特にでした。会場が4会場で距離が離れており不便さを感じました。同じ四国での開催で、いろいろ苦労されているんだろうと思いました。

平成19年卒 柏原秀也

1115日高知で開催されました日本臨床外科学会に参加してきました。私の発表しましたセッションは直腸切除時の縫合不全対策についてであり、ICG蛍光法とサーモグラフィーによる血流評価について発表しました。ICG蛍光法については現在臨床試験がされており、会場もほぼ満員の状態で、関心度の高さを改めて実感しました。その中で当科で行っているICG蛍光法とサーモグラフィー、リスク評価を取り入れた縫合不全対策はより精度が高く、成績も良いことが今回改めてわかりました。今後も症例を集積していければと思います。最後にスライド作成にあたりご指導いただきました先生方、留守中お世話になりました皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

(2019/11/19up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.11.12 田口先生 特別講義

11月12日、九州大学小児外科教授 田口智章先生をお招きし、特別講義を行っていただきました。



 
「小児外科医療のアジア開発国への展開と新規治療の開発」九州大学小児外科 教授 田口智章先生


司会:当科 石橋先生



 

(2019/11/13up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.11.7 第30回日本消化器癌発生学会総会

11月7日から8日まで、ホテルメルパルク横浜にて第30回日本消化器癌発生学会総会が開催されました。

 
(右)【30周年記念プログラム 2】司会:当科 島田教授

 
(左)【研究奨励賞発表】司会:当科 居村先生
(右)
【研究奨励賞】肝胆膵領域悪性腫瘍におけるNrf2 に着目した腫瘍関連マクロファージ活性化についての検討」当科 山田先生


(右)研究奨励賞受賞:当科 良元先生

 
(左)【理事長講演】「日本消化器癌発生学会の「創始と継志」―次の10年へ」当科 島田教授
(右)【ワークショップ】「ゲノム・エピゲノム解析とプレシジョン医学」当科 池本先生

 
【理事長直轄プロジェクト】当科 森根先生

 
【大原毅賞受賞講演】「原発性肝癌の分子生物学的アプローチによる腫瘍悪性度評価」当科 森根先生

 
【ポスター】
(左)「膵・胆管合流異常におけるDNA 切断修復応答を介した胆道癌発癌機構に関する検討」当科 森先生
(右)「大腸癌のsidedness からみた腫瘍免疫」当科 良元先生

 
 


◆第30回日本消化器癌発生学会総会の演題一覧はこちら◆

平成20年卒 山田眞一郎

この度、横浜で開催中の第30回日本癌発生学会に参加いたしました。昨年研究奨励賞をいただいた、「膵癌における腫瘍関連マクロファージの役割」について研究成果を発表しました。古典的なEMTと新しい概念のEMTに関する質問をいただきましたが、新しい概念について勉強不足でうまくお答えすることができず、早速勉強しなおしてさらなる研究への足掛かりにしたいと思いました。このような機会を与えていただいた島田教授はじめ、ご指導いただいた医局の先生方に深く感謝申し上げます。

(2019/11/27up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.11.2 第8回四国肝胆膵外科フォーラム

11月2日、JRホテルクレメント徳島にて第8回四国肝胆膵外科フォーラムが開催されました。

 
(左)開演の挨拶:当番世話人 市民病院院長 三宅秀則先生
(右)【教育講演】「消化器外科領域における重症感染症への治療戦略」当科 荒川先生

 
【SESSION1】
(左)第一部「膵頭十二指腸切除における安全・確実なSMA/SMV処理について」愛媛県立中央病院消化器外科 副院長 河﨑秀樹先生
(右)第一部 座長:当科 池本先生

 
(左)第二部 座長:当科 居村先生
(右)「肝胆膵外科高度技能医を目指して―安全確実な肝葉切除―」当科 山田先生


【SESSION2 特別講演】
「肝胆膵癌の外科治療」順天堂大学大学院医学研究科 肝・胆・膵外科学 教授 齋浦明夫先生


代表世話人/当科 島田教授

 
フォーラム終了終了後、情報交換会が開催されました。

(2019/11/11up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.10.24 第57回日本癌治療学会学術集会

10月24日から26日まで、福岡国際会議場・福岡サンパレス・マリンメッセ福岡にて第57回日本癌治療学会学術集会が開催されました。

◆第57回日本癌治療学会学術集会の演題一覧はこちら◆

平成20年卒 山田眞一郎

この度、福岡で開催されました第57回日本癌治療学会に参加しました。ポスターセッション「肝臓 基礎・治療」というセッションで、前半3題は基礎的検討、私を含む後半3題は臨床に関する発表でした。熊本大学がCAFに着目した研究を行っているのは知っていましたが、さらにCAFを介したdrug delivery・肝発癌予防に関する興味深い発表をされていました。私は肝癌におけるFrailの重要性について発表しましたが、症例数が少ないため単変量解析において腫瘍因子があまり出ないのが残念、と座長の先生にご指摘いただきました。夜は屋台の料理とお酒に舌鼓を打ち、大変充実した学会でした。ご指導いただいた先生方、留守中にご迷惑をおかけした先生方にお礼申し上げます。

平成25年卒 良元俊昭

福岡で開催された第27回 日本癌治療学会学術集会で青色LEDの抗腫瘍効果について発表させていただきました。
光線力学療法や光免疫治療の第一線の先生方と同じセッションで大変勉強になりました。発表に興味を持って頂いた他施設の先生とお近付きにもなれ、大変有意義な学会でした。このような機会を与えて下さった皆様に感謝いたします。

(2019/11/12up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.10.18 第3回札幌外科漢方セミナー

10月18日、札幌グランドホテルにて第3回札幌漢方セミナーが開催されました。


当科 島田教授

 
セミナー後、情報交換会が行われました。

(2019/10/21up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.10.16 第11回四国消化器癌フォーラム

10月16日、グランドパレスにて第11回四国消化器癌フォーラムが開催されました。

 
 
一般演題
(左上より)座長:吉野川医療センター 外科 三浦連人先生、演者:吉野川医療センター 外科 石川大地先生
(左下より)演者:当科 山田先生、「膵癌術後患者に対する化学療法の現状」演者:徳島赤十字病院 外科 副部長 富林敦司先生

 
特別講演
「膵癌治療 今後の展望」
(左より)座長:当科 島田教授、演者:弘前大学大学院医学研究科 消化器外科学講座 教授 袴田健一先生

 

講演会終了後、情報交換会が行われました。

(2019/10/17up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.10.10 第55回日本移植学会総会

10月10日から11日まで、広島国際会議場にて第55回日本移植学会総会が開催されました。


臓器別パネルディスカッション1「拡大基準ドナーに関するコンセンサス 肝」
(左より)座長:当科 島田教授、熊本大学大学院小児外科学・移植外科学講座 日比泰造先生

(2019/10/15up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.10.7 平山先生講義

10月7日、慶應義塾大学先端生命科学研究所 平山明由先生に講義していただきました。

 
「メタボロミクスと疾患研究」慶應義塾大学先端生命科学研究所 平山明由先生


「LC-MS/MSとCE-ME/MSを用いたジペプチドの新規一斉分析法によるヒト肝臓癌の代謝解析」
小澤仁嗣さん

(2019/10/8up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.10.3 第55回日本胆道学会学術集会

10月3日から4日まで、名古屋国際会議場にて第55回日本胆道学会学術集会が開催されました。

 
ポスター2 肝内胆管癌「SSTR2,Bcl2発現からみた肝内胆管癌の組織発生学的分類」当科 武原先生

 
ワークショップ2「膵・胆管合流異常における胆管非拡張例の術式と長期予後」
(左)司会:当科 島田教授、千葉大学大学院臓器制御外科学 大塚将之先生
(右)「膵・胆管合流異常における術式と短期・長期合併症と胆道発癌ポテンシャルに関する検討」当科 森根先生


山田先生が国際交流奨励賞を受賞し、表彰されました。

◆第55回日本胆道学会学術集会の演題一覧はこちら◆

(2019/10/4up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.10.3 The 31th IASGO in Bangkok

10月3日から5日まで、バンコクにてIASGOが開催されています。


出陣式 0時出発



 
(左)右:幕内先生(東京大学名誉教授)と左:中尾先生(名古屋大学名誉教授)
(右
京都大学 高折先生


吉川雅登先生 ポスター
Prognostic prediction of mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma from ADC value of DWI-MRI


  
(左)寺院巡り(ワットポー)、(中)ガイドさんのおすすめのタイ料理屋で、(右)徳永先生40歳のバースデイ


当科 徳永先生「The Usefulness of Intraoperative X-Ray Fluoroscopy for Avoiding Urethral Injury in Transperineal Total Mesorectal Excision

 
(左)東京大学 國土先生と
(右)偶然お会いした左:高田先生、中:別府先生、右:中村先生

◆IASGOの演題一覧はこちら◆

平成16年卒 徳永卓哉

この度102日から5日までタイのバンコクで開催された第31IASGOに吉川雅登先生と一緒に参加させて頂き、Oral presentationで「TpTME procedure using urethrography navigation」という演題で発表いたしました。参加人数はそれほど多くはありませんでしたが、日本からは幕内先生、国土先生、中尾先生などたくさんのトップランナーの先生が参加されておりご挨拶させて頂きました。
タイのバンコクは初めてでしたが、想像していたよりも大都会で、タイ料理やタイ式マッサージなど楽しい一時を過ごさせて頂きました。このような機会を与えて頂いた島田教授ならびに留守中にお世話になった先生方にお礼申し上げます。ありがとうございました。

平成24年卒 吉川雅登

この度、バンコクで開催されました第31IASGOに徳永先生と参加させていただきました。タイはちょうど雨季で、期間中道路が冠水したり隣の建物に雷が落ちたりと、天候面でトラブルはありましたが、なんとか無事に過ごすことができました。学会は天候の影響もあるのか人はあまり多くありませんでした。日本からも多くの先生方が参加されておりとても刺激になりました。バンコクはとても賑わいがあり活気あふれる街でした。香草は無理でしたが、米文化なので食事には困りませんでした。
今回このような機会を与えていただきました島田教授はじめ、ご指導いただきました先生方、留守中にご迷惑をおかけした先生方に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

(2019/10/7up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.9.27 陳先生

9月27日、中国出身留学生の陳先生が島田教授に挨拶に来られました。

(2019/9/30up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.9.21 第42回日本膵・胆管合流異常研究会

9月21日、江陽グランドホテルにて第42回日本膵・胆管合流異常研究会が開催されました。

  
(左より)会長 藤井秀樹先生、名誉会長 船曳孝彦先生、名誉会長 安藤久實先生

 
 

 
(左)当番会長 東北大学大学院医学系研究科発生・発達医学講座小児外科学分野 教授 仁尾正記先生

 
(左)【要望演題1】座長 当科 石橋先生
(中)当番会長 仁尾正記先生、会長 藤井秀樹先生
(右)【シンポジウム2】座長 当科 島田教授、名古屋大学大学院小児外科学 内田広夫先生

(2019/9/24up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.9.15 ESOT 2019

9月15日から18日まで、コペンハーゲンにてESOT 2019が開催されました。


羽田空港にて

  
  
  
  
 

 
 
(右)「THE NEW ROLE OF ZINC ION IN INSULINPRODUCING CELLS DIFFERENTIATION FROM ADIPOSE DERIVED
MESENCHYMAL STEM CELLS」当科 齋藤先生

 
(左)「THE POTNETIALLY CLINICAL APPLICATION OF XENO-ANTIGEN FREE DIFFERENTIATION PROTOCOL FOR
INSULIN-PRODUCING CELLS USING HUMAN RECOMBINANT PEPTIDE PETALOID M-PIECE FROM
ADIPOSE-TISSUE DERIVED MESENCHYMAL STEM CELL」当科 池本先生

  
 
 

  
  
会場:Bella Center Copenhagen

 
「CHARACTERISTIC DIFFERENCE OF ADIPOSEDERIVED MESENCHYMAL STEM CELLS FROM
SUBCUTANEOUS AND VISCEAL FAT TISSUE FOR GENERATING INSULIN-PRODUCING CELL」当科 島田教授

 
「THE IMPACT OF RED LED IRRADIATION ON DIFFERENTIATION FOR INSULIN-PRODUCING
CELLS FROM MESENCHYMAL STEM CELL」当科 宮崎先生

  

◆ESOT 2019の演題一覧はこちら◆

平成29年卒 宮崎克己

この度、デンマーク、コペンハーゲンで開催されました、欧州臓器移植学会ESOTに参加して参りました。初めての海外学会参加で、出発前からわからないことだらけでしたが、島田教授はじめ、池本先生、齋藤先生に引っ張っていただき何とか無事に乗り切ることができました。発表はmini oralセッションで慣れない英語での発表でしたが、さらに私の前の演者が島田教授という日本の学会ではありえない状況であり、緊張で覚えていたはずの発表原稿が飛んでしまいすごく焦りました。何とか発表を乗り切りましたが、質疑では相手の質問の意図を聞き取ることができず、英語力の不足を体感させられました。
今回はこのような非常に貴重な機会を与えてくださった島田教授、ご指導いただいた先生方、そして不在中ご迷惑をおかけした先生方、本当にありがとうございました。

(2019/9/27up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.9.10 CRC講演会in徳島

9月10日、JRホテルクレメント徳島にてCRC講演会in徳島が開催されました。

  
【一般演題】
(左)座長:徳島市民病院 外科 主任医長 黒田武志先生、
(中)『切除不能・進行再発大腸癌におけるアフリベルセプトしよう症例の検討』演者:徳島赤十字病院 外科 江藤祥平先生、
(右)『化学療法施行した大腸神経内分泌腫瘍の2例』演者:徳島市民病院 外科 主任医長 杉本光司先生

 
【特別講演】
(左)座長:当科 島田教授
(右)『大腸癌薬物療法の新展開-2次治療にFocusして-』演者:愛知県がんセンター 副院長 兼 薬物療法部 部長 室圭先生

 

(2019/9/11up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.9.7 島田教授 還暦お祝い

9月7日、パークウエストンにて島田教授の還暦のお祝いの会を行いました。医局員みんなでお祝いいたしました。

 
森根先生より島田教授へちゃんちゃんこを贈呈致しました。





 
(左)同門会会長 吉岡先生よりご挨拶、(右)徳島市民病院院長 三宅先生よりご挨拶


ホテルからサプライズでケーキをいただきました。


居村先生の乾杯ご発声で開宴となりました。








お祝いの言葉をいただきました。
(上段左より)四国中央病院 松山先生、栗田医院 栗田先生、当科 石橋先生
(下段左より)教養教育院 岩田先生、吉野川医療センター 佐藤先生


(左より)齋藤先生、柏原先生によるスライド映写、髙須先生によるムービー上映

記念品贈呈

(左)医局員代表として高須先生、武原先生より、(中)田岡病院 吉岡先生より、(右)徳島市民病院 三宅先生より

花束贈呈



島田教授と奥様よりご挨拶いただきました。


池本先生の万歳三唱で締めくくりとなりました。


<集合写真のPDFはこちらから>

(2019/9/9up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.8.28 旭川医科大学 講義

8月28日、旭川医科大学にて当科 島田教授が講義を行いました。

 
講義後、懇親会にお招きいただきました。

(2019/8/30up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.8.26 Jr. Student Lab

8月26日、Jr. Student Labが終了し、当科へ実習に来ていた高校生と記念撮影を行いました。

(2019/8/27up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.8.12 たけやぶ連 出陣!!

8月12日、今年もたけやぶ連として徳島市阿波踊りへ出陣いたしました。今年は東京女子医科大学 江川裕人先生、北里大学 比企直樹先生、順天堂大学 齋浦明夫先生、大分赤十字病院 福澤謙吾先生、徳島大学病院医療情報学 廣瀬隼先生にご参加いただきました。ご多忙な中ご参加いただきました先生方、ありがとうございました。

今年も阿波鳴連さんによる踊りのレクチャーを行っていただきました。
 



出陣式を終え、いよいよ出発です!

阿波鳴連の皆さんと一緒におどりました!
  
  
  

お忙しい中、ご参加いただいた先生方に心より御礼申し上げます。

(2019/8/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.8.12 第13回消化器がん学術講演会

8月12日、徳島グランヴィリオホテルにて第13回消化器がん学術講演会が開催されました。


総合司会:当科 島田教授

 
【特別講演Ⅰ】
(左)座長:当科 山田先生
(右)「膵癌の外科治療」演者:順天堂大学医学部肝胆膵外科 教授 齋浦明夫先生

 
【特別講演Ⅱ】
(左)座長:当科 髙須先生
(右)「胃癌手術とS1の継続性について」演者:北里大学医学部上部消化管外科学 主任教授 比企直樹先生

 
【特別講演Ⅲ】
(左)座長:当科 齋藤先生
(右)「肝細胞癌治療における肝移植の役割」演者:東京女子医科大学消化器・一般外科 教授 江川裕人先生

(2019/8/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.8.11 AJAY教授来徳

8月11日、City of Hope Comprehensive Cancer CenterからAJAY GOEL教授をお招きし、特別講義を行いました。

  
  

 

(2019/8/14up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.8.3 ハンズオンセミナー

8月3日、スキルスラボにて第1回徳島大学消化器・移植外科 腹腔鏡手術ハンズオンセミナーを開催しました。



    
  

(2019/8/5up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.29 高校生ボランティア・アワード2019

7月29日から30日まで、パシフィコ横浜にて高校生ボランティア・アワード2019が開催されました。移植学会からの出場で、徳島市立高校、富山国際高校、滝川高校の学生さんたちと島田教授、齋藤先生が参加しました。

  

 
応援に来てくださいました。
(左)名瀬徳洲会病院 総合診療内科 平島修先生、(右)NPO法人ロシナンテスの理事長 川原尚行先生


徳島市立高校
 
(左)滝川高校、(右)富山国際高校



2日目の様子です。
 
移植学会から、江川理事長、相川厚先生、北大嶋村剛先生が応援に来てくださいました。



(2019/7/30up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.27 肝がん撲滅運動市民公開講座「肝がんで死なないために」

7月27日、シビックセンターにて肝がん撲滅運動市民公開講座「肝がんで死なないために」が開催されました。

 
(左)当科 山田先生

  
【一般演題】
(左)司会:徳島大学病院消化器内科 田中貴大先生
(中)「肝がんにならないために、今 私たちに出来ること~肝炎医療コーディネーターの立場から~」徳島大学病院肝疾患相談室 看護師 立木佐知子さん
(右)「B型肝炎訴訟について」全国B型肝炎訴訟大阪弁護士団 弁護士 真鍋直樹さん

 
【特別講演】
(左)司会:徳島県肝炎対策協議会 委員長/当科 島田教授
(右)「本当は怖い脂肪肝と肝がん予備軍のお話し」兵庫医科大学病院肝・胆・膵内科 教授 飯島尋子先生

(2019/7/29up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.20 サマーパーティー

7月20日、アオアヲナルトリゾートにて恒例のサマーパーティーを開催致しました。

 
 
開宴にあたり、石橋先生、居村先生、島田教授、森根先生が挨拶をされました。

 



最後は吉川先生の万歳三唱で締めくくりました。

(2019/7/22up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.17 第74回日本消化器外科学会総会

7月17日から19日まで、グランドプリンス新高輪にて第74回日本消化器外科学会総会が開催されました。




ビデオシンポジウム「6Techniques and ideas for difficult surgical diseases or conditions
(左)当科 島田教授

 
【ワークショップ】
「ホログラム術中胆道造影とウェアラブル近赤外蛍光法による肝切除手術支援」当科 齋藤先生

  
(左、中)【ビデオシンポジウム】
Urethrography navigationを用いたTpTME手術手技」当科 徳永先生
(右)【ワークショップ】
「スリーブ状胃切除における術前NLRと糖尿病改善についての検討」当科 柏原先生

  
  
  
  
拡大プログラム委員会に島田教授、栗田先生、森根先生、居村先生、吉川先生が参加しました。


理事会 

◆第74回日本消化器外科学会総会の演題一覧はこちら◆

平成13年卒 吉川幸造

この度、第74回消化器外科学会に参加させていただきました。水曜日には拡大プログラム委員会に参加させていただき、韓国の胃癌のトップのHan-Kwang YANG先生に挨拶させていただきました。また同年代の先生方と同じテーブルでいろいろと話をさせていただき、激しい刺激をもらいました。
発表は、人生で初の消化器外科学会のビデオシンポジウムでの発表をさせていただきました。英語でのプレゼンで立ち見が出るほどの会場で大変緊張しました、直前に教授から激励の電話をいただき、無事に発表を終えることが出来ました。発表が終わった時の満足感は何物にも代えがたいものがありました。予行でご指導いただいた島田教授をはじめ医局の皆様にお礼申し上げます。

今回の学会では多くの刺激をもらいました、もう一度、気合を入れなおして、頑張ろうと思います。ありがとうございました。

平成16年卒 徳永卓哉

718日に品川で開催された第74回日本消化器外科学会総会に参加してきました。今回、ビデオシンポジウム「Advances in techniques for laparoscopic colorectal surgery」(大腸セッション)に演題が採択され、錚々たるメンバーの中、発表することができました。
私は「TpTME procedure using urethrography navigation」という演題で、経肛門的に直腸剥離を行う際に、尿道損傷を防ぐために尿道造影でナビゲーションを行いながら剥離を行うという内容の発表でした。今回は英語でプレゼンテーションを行ったためかなり緊張しましたが無事発表を終えることができました。また、大腸外科のトップランナーの先生方と色々お話しできる機会があり大変いい経験となりました。
大腸の手術はロボット手術、経肛門的手術など新しい手技がどんどん出てきており、今回も経肛門的側方郭清やTEPの剥離層からの側方郭清など興味深い手技を勉強することができました。また明日からの臨床に生かしていきたいと思います。

平成17年卒 西正暁

1日だけの参加でしたが、上部胃癌のセミナーに引き続き午後はずっとロボット手術の話を聞いてきました。
全国の各施設の現況を知ることができ、我々の立ち位置を認識することができました。
私自身の発表は、昨年度から行っておりロボット手術(Left handed approach )について発表を行いました。
今後もロボット手術の分野で、常に今まで以上のクオリティを目指していきたいと思います。

平成19年卒 齋藤裕

品川で開催された消化器外科学会に参加してきました。さすがに、品川なのでアクセスよかったです。
ワークショップ 手術Navigation(座長若林先生、藤元先生)で発表させていただきました。
自分以外は、全てICGの発表でした。センチネルリンパ節・胆嚢リンパ流の腫瘍学的navigationは興味深くS4a+5の機会があれば、やってみたいと思いました。
発表終了後に他大学の先生方と色々お話しできてよかったですし、京都大学の先生方・波多野先生にいじられるようになって、よかったです。

平成19年卒 柏原秀也

719日、東京品川で開催されました第74回日本消化器外科学会総会で発表してきました。採択していただきましたセッションはWS6肥満外科と代謝機能改善で、肥満手術、特にスリーブ状胃切除の糖尿病やNASH改善に関する内容でした。討論の軸となったのは糖尿病改善効果不良例を術前にどのように見出すか、またNASH改善メカニズムはどうなっているか、といったところでした。私はスリーブ状胃切除の炎症抑制(腸管、全身)という立場から基礎的検討を踏まえながら発表してきました。地方大学で症例数も圧倒的に少なかったですが、注目する視点は間違っていないかなと感じました。今後ますます症例数を蓄積しエビデンスの構築に努めていきたいと思いました。最後にこのような機会をいただきました島田教授、会長の矢永先生、座長の太田・佐々木先生、また留守中お世話になった医局の方々に感謝申し上げます。ありがとうございました。

平成19年卒 髙須千絵

この度、東京にて開催されました日本消化器外科学会に参加させて頂き、[WS33] ワークショップ33 【総論】 「女性外科医が羽ばたくための支援と工夫」 にて、女性消化器外科医の技術向上とキャリア育成を目指した取り組みについて発表させて頂きました。
 私の尊敬する先生方が司会や演者を務められる中で、私自身もこのセッションを非常に楽しみにしておりました。今回は6名の演者の中で3名が男性という革新的なメンバーで、男性の先生方からは指導医として医局長としてのご意見も聞け、観覧者は多くはありませんでしたが、フロアからも活発な意見があり、とてもいいセッションだったと思います。最後に特別発言の平松先生も話されておりましたが、今後のkey wordは「女性のやる気とリーダーの意識」ではないかと感じました。他のご発表にもありましたが、リーダーが女性医師のことを考えmanageしている医局は、女性医師が生き生きと働いているように思います。実際に島田先生も会場に足を運んでくださいましたし、鹿児島大学の夏越教授も参加されており、宮崎大学の先生方など、本気で取り組んで下さっている先生方の想いや意識の高さを感じました。今後は、私自身もroll modelとして道を作っていけるよう頑張る所存です。
 最後にこのような機会を与えて頂き、今回の発表をいっしょに作り上げて下さった島田教授に感謝すると共に、休日も含め何度もご指導頂いた、森根先生、吉川先生に感謝申し上げます。また学会予行でご指導頂いた先生方、留守中お世話になった先生方にも厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。

平成25年卒 良元俊昭

消化器外科学会総会のデジタルポスターで発表させていただきました。スライド制作にあたって皆様にご指導いただいたお陰で、無事発表を終えることができました。どうもありがとうございました。学会で触れた他の発表や講演も含め、今回の経験を今後の研究に生かして行ければと思います。発表の機会を与えてくださった島田教授をはじめ、不在中お世話になった皆様に感謝致します。

(2019/7/22up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.10 日本DMAT隊員養成研修

7月10日から13日まで、兵庫県災害医療センターにて日本DMAT隊員養成研修が開催され、当科吉川雅登先生が参加しました。

平成24年卒 吉川雅登

この度兵庫県災害医療センターにて開催されました日本DMAT隊員養成研修に参加してきました。当院からは救急部の大藤先生、循環器内科の高橋先生と私の3名の参加でした。

研修は4日間で8時から20時まで連日講義、実習が詰まっていました。救急医療は多くの人材、医療資源を投入して1人の傷病者の治療にあたれますが、災害医療においては限られた人材、資源の中で1:多数の対応が求められ、最大多数の最大幸福を求められる点が大きく異なり、この理念に基づいた災害時の対応を実習形式で学びました。
本研修で正式に徳島DMATとして登録されました。今後徳島県にも甚大な被害をもたらすことが想定される南海トラフに備え、今後も研鑽を積んでいきたいと思います。
今回このような機会を与えてくださいました島田教授をはじめ、不在中ご迷惑をおかけました先生方、準備に携わって頂きました病院事務の方々に深く御礼申し上げます。

(2019/7/16up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.10 GI CANCER FORUM 2019

7月10日、徳島グランヴィリオホテルにてGI CANCER FORUM 2019が開催されました。

【一般講演】
  
(左)司会 徳島県立中央病院外科 東島潤先生
(中)1.『抗EGFR抗体併用療法が奏功した進行大腸癌2例の経過』演者:吉野川医療センター外科・消化器外科・肛門科 石川大地先生
(右)2.『術前Bv/FOLFOX6療法を施行し、原発巣でCRが得られた1例』演者:徳島赤十字病院消化器外科 藤原聡史先生

【特別講演】
 
特別講演1
(左)司会:田岡病院外科 沖津宏先生
(右)『大腸がん薬物療法~最近の話題~』演者:香川大学医学部臨床腫瘍学講座 教授 辻晃仁先生

 
特別講演2
(左)司会:当科 島田教授
(右)『胃がん手術~最近の話題~』演者:大阪市立大学大学院医学研究科消化器外科学 教授 大平雅一先生

 

(2019/7/11up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.4 第26回外科侵襲とサイトカイン研究会

7月4日、神戸国際会議場にて第26回外科侵襲とサイトカイン研究会が開催されました。

平成24年卒 吉川雅登

神戸国際会議場で開催されました第26回外科侵襲とサイトカイン研究会に参加し、脂肪由来幹細胞からのインスリン産生細胞誘導における研究について発表させていただきました。
私のセッションは混成のワークショップで、臨床の演題が多く、絞扼性イレウスの腸管壊死の評価指標としてのパルスオキシメータの有用性、肝切前ステロイド投与の有用性とメカニズム、術前栄養指標、人工膵臓による膵切除後血糖管理など、興味深く聴いてきました。
今回発表の機会を与えていただきました島田教授をはじめ、ご指導いただきました先生方、不在中ご迷惑をおかけしました方々に深く御礼申し上げます。

(2019/7/4up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.4 第55回日本肝癌研究会

7月4日から5日まで、ホテル椿山荘東京にて第55回日本肝癌研究会が開催されています。

]
(左より)八尾市立病院 総長 佐々木洋先生、第55回日本肝癌研究会 会長(日本大学消化器外科 主任教授) 高山忠利先生、当科 島田教授

  

◆第55回日本肝癌研究会の演題一覧はこちら◆

平成19年卒 齋藤裕

日大高山先生の肝癌研究会に参加してきました。コンピュータ支援のパネルディスカッションでしたが、RFATACENavigationは新鮮でしたが、ideaはやはり切除の分野の方が豊富な印象です。昭和大学の青木先生に名前覚えてもらったので、うれしかったです。開腹vs腹腔鏡の高山先生節が聞けてよかったですが、秘かにラパロの有用性もどこかで信じてるんだろうなとも思いました。友成のランチョン聞けなかったので残念です。

(2019/7/4up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2019.7.2 ビアパーティ

7月2日、グランドパレスにて恒例のビアパーティーを開催しました。沢山の方に出席していただき、楽しい一時を過ごしました。

  
  

  
  
 

 

(2019/7/4up date)

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2018年10月~2019年6月のトピックスはこちらからご覧いただけます。

2010年1月~のトピックスはこちらからご覧いただけます